社会問題である小中学校の不登校児童について学びましょう

サイトマップ

トップバナー

小中学校の不登校児童

不登校は社会的な問題

日本各地で学校にいけない児童や生徒の不登校は社会的な問題となりつつあります。不登校になった本人もそうですが、親も不安に襲われていることだと思います。文部科学省の調査では、平成20年度の全国小学校の病気などの事情でなく30日以上欠席した不登校児童数は、22.652人もいて、全児童の0.32%となります。

全児童の314人に1人が不登校であるとなり、全国の中学校の不登校生徒数は104.153人となり、全生徒数の35人に1人が不登校という計算になります。合計では全国の小中学生の85人の1人が不登校ということです。学年別では学年があがるにつれて、不登校児童生徒が増えていき、中学3年生では42.427人となっています。

保護者の方は焦らず、ゆっくりと

不登校の状態が19年度から継続されている中学生徒数は中学校では、54.242人で平成20年度の不登校生徒数の52.1%となります。この数字でも分かるように、不登校の問題はすぐに解決できる問題ではないのです。子供が不登校になってしまうと、学校の勉強や受験、進路、人間関係が不安になるでしょう。

勉強が遅れないようにと家庭教師を雇う家庭もありますが、子供が意 欲を取り戻すと遅れを取り戻せる力があるので、あせらずに子供の 気持ちを重視して対応することが重要となるので、保護者の方は焦らず、ゆっくりとお子様の言葉に耳を傾けてあげてください。些細な言葉が大切なキーワードとなっています。

不登校になったきっかけ

ポイント

文部科学省の平成20年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査では、不登校になったきっかけと考えられるのはいじめを除いて、友人関係をめぐる問題と解答した人は23.439人となっています。この数字は、全国の小中学校の不登校児童の生徒数は18.5%となっています。

そのほか、家庭の生活環境の変化や家庭内の不和、入学、転編入学、進級時の不適応、学校のきまりをめぐる問題、いじめ、不登校となるきっかけは多くの問題があるのです。不登校の状態が続くと、断続していた理由では不安などの不登校が続くには、様々な理由があるのです。

利用することで学校に行けるようになった
受業を受ける

不登校になった児童生徒には、様々な指導が学校や学校の外で行われているので、そういった場所を利用することで学校に行けるようになった児童や生徒もいるのです。学校へ行かなければと不登校のお子さんは悩み、子供が元気になることで自立し、これからを決めて行動することが出来るようになるのです。

勉強の遅れなども通信制高校はそのサポート校、定時制高校、家庭教師など不登校児童 や生徒に対する勉強方法があるのです。子供にやる気が戻ることによって勉強 の遅れを多くの方法で取り戻すことが出来、親は見守り、子供に 無理をさせないことが大切になり、子供が興味を出したときに家庭教師などのサポートを利用しましょう。 親が急いでしまい、無理に家庭教師をつけたり、サポート校に入学させるのはやる気を損なわせてしまう のでやめましょう。

不登校児童への支援に対する基礎的知識