日本での不登校児童の現状について学んでみましょう

サイトマップ

トップバナー

日本の不登校児童

高校卒業の資格がないと就職も難しいという現状

2009年、東京都板橋区での調査で生活保護の世帯の中学生の不登校は生活保護や就学援助を受けていない世帯の中学生の不登校よりも4.8倍発生率が高いという結果になりました。生活保護世帯の不登校の小中学生に学習ボランティア派の費用が年64.000円を助成することが決定しました。

低所得によって生活に余裕がない家庭環境になり、両親の不和などによって不登校の原因とあることがあるのです。現在の日本では高卒の人が一般的になっていることから、高校卒業の資格がないと就職も難しいという現状になってしまうのです。不登校になり、学校に行かないということから、就職も難しくなり、子供も負の連鎖になることがあるのです。

保険証のない無保険の子供

世界的な不況によって生活保護世帯は増加しているのです。保険料末納のために保険証のない無保険の子供が増え、教育費が払えないせいで高校を中退することもあり、保険証がないことから病気になってもなかなか病院にいかない歯の治療をしないために歯がぼろぼろになることがあります。

高校を中退しても就職口がなく、子供は不況の中多くなっているのです。塾や家庭教師などにお金を使用する余裕がないので格差社会が子供の教育にも影響を与えて学力格差が広がっていくのです。家庭教師を頼んで大学を目指す余裕がない家庭も多くあるので、子供たちの可能性を奪ってしまっています。

有名人と不登校

ポイント

不登校の人が現在芸能人や小説家として活用されている人も多くいるのです。熱血平成教育学院などに出演している平山さんは中学時代に不登校でフリースクールで通っているのです。代30回芥川賞を蛇にピアスで受賞した金原ひとみさんも不登校を経験した人です。

金原さんは小学校4年生から不登校となってしまい、中学校もほぼ通わず、高校も中退してしまっています。彼女は人の交流が出来ないもどかしさや生きづらさを抱え行き場のなさを小説で表しているのです。自分の生き方を切り開き見つけているのです。

不登校時代の経験
教室

コメディアンの千原兄弟の千原ジュニアも中学時代不登校の経験がありました。お兄さんに誘われて、芸能界の道をめざし、現在はクイズ!ヘキサゴンなど他の番組などにも出演し、トークの絶妙さに認知が高まり、不登校時代の経験を著書14歳で読む事が可能です。

舞台演出家の宮本亜門さんも不登校の経験をしています。人とのコミュニケーションがうまくいかずに不登校 になっていたのですが、演劇などから生きがいをみつけて、自分を出せるようになり、学校生活が楽しくな ったといっていました。不登校であっても、自分の道を見つけて頑張る人も多くいます。学校へいかなく とも勉強する方法は豊富にあるのです。昔の人の考え方であれば、学校を出るのが当たり前ですが、現代はそうしなくて 自分の道を学校以外でも見つけることができるのです。

不登校児童への支援に対する基礎的知識