不登校児童になった原因を知ることが大事であることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

不登校の原因

リストラや履行の当事者の親の心理状態

不登校の原因についてお話いたします。家庭環境が原因で不登校となるケースは多くあり、その解決方法を解説致します。多くあるのは両親の離婚、父のリストラなどで家庭環境が変化してしまうことです。現代では珍しい話ではなく、リストラや履行の当事者の親の心理状態はどうでしょうか。

子供に不安を与えるような行動をとらない

両親でさえ、そのような大きな変化についていくことはできませんよね。そんな状態に親がなるということは、子供はもっと混乱している状態だと思います。親の不和も関係していると言われ、子供にとって自分の両親が喧嘩ばかりしているのを見るのはとてもつらいことなのです。

一番起こりうる、家庭環境の不仲、そういったものを子供の前であらわにせずに、子供に不安を与えるような行動をとらないようにしなければなりません。子供の不登校は子供に近いママよりも、仕事ばかりのパパに原因があると言われます。また、自分の学歴コンプレックスから教育に力を入れすぎるのも問題なので、両親が気を使う必要があります。

友達付き合い

ポイント

家庭環境の次に多いのは、友達関係ではないでしょうか。中学や高校性になったことをきっかけに交友関係が変わり、今まではまじめな子供でも服装が派手になったり、夜遊ぶようになったり、様々な変化を遂げることもあります。そういった最悪の場合、不良グループに入ってしまうと最悪です。

きちんと考える必要がある
見つめる目

お子さんも不良グループに共鳴する部分があるのでしょう。なので、ご両親 が悪い友達だと思っても、お子さんにとってどのようなメリットがあり、どういったデメリットが あるのかをきちんと考える必要があるのです。犯罪に手を染めるかもと心配になるかもしれませ んが、その前にご両親が先に書いたことを考える必要があります。そして事前に変化を察知して、 悪い道へと踏み出さないようにすることが必要なのです。そのためには常にお子さんがどのような立場に 子供達の間であるのかなどを把握しておく必要があります。

不登校児童への支援に対する基礎的知識