不登校児童の相談窓口にも様々な団体があることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

不登校児童に対する相談窓口

不登校対策は急務

子供が不登校になった際、親はどのように子供と接すればいいのか分からなくなってしまうのです。文部化化学賞でも、不登校や引きこもりは社会的な問題としてとりあげられ、不登校対策は急務とされているのです。不登校になった際、誰かに相談したいと思うのですが、どういった相談窓口があるでしょうか。

不登校や引きこもりは大きな社会問題となるので、様々な不登校や引きこもり、いじめなどの相談窓口があるのです。学校では、担任や学校経論の他、養護経論、スクールカウンセラーなどに相談しなければなりません。担任や教員の家庭訪問や、保護者との連携が大切になります。

学校の連携を考えることが重要

コミュニケーションをすることによって、不登校になった子供が教室にいくことができず、保健室登校をすることが多くなっている現在で不登校対策には養護経論と不登校児童と生徒の関係が重要となります。養護経論は児童や生徒の保険管理だけではなく、教育相談にかかわることが多くあります。

養護経論とスクールカウンセラーとの連携も不登校対策には重要で、小学校や中学校にいるスクールカウンセラーは子供や保護者の相談にじっくりと耳を傾けてくれるひとりとなります。学校での相談窓口を活用して、学校の連携を考えることが重要となり、不登校専門の家庭教師も相談相手の1人となります。

様々な窓口

ポイント

学校だけでなく、各都道府県や市町村にある教育支援センターや不登校相談センターでは、不登校で悩んでいる児童や生徒、保護者からの相談を受け付けています。こういった相談窓口の中には24時間体制で相談を受け付けているところもあり、その他にも各自治体で様々な窓口があるので、一人で悩まずとも窓口に相談することが大切です。

いじめが不登校の原因になっている際には、いじめの相談ダイヤルに相談することも視野に入れ、相談は無料で、個人情報や相談した内容は外部に漏れることはありません。24時間いじめ相談ダイヤルは全国統一の電話番号で各都道府県や指定都市の教育委員会に繋がり、電話番号は、0570-0-78310です。

子供の人権に関係する相談
電話

法務省の相談窓口の子供の人権110番の電話番号は、0120-007-110でいじめや不登校など子供の人権に関係する相談を受け付けているそうです。各都道府県や市町村には心の健康に対する相談窓口があり、こころの健康電話相談や、こころ電話などが不登校やこころの悩みを解決してくれます。

様々な団体やNPO、親の会なども相談窓口を持っていて、不登校の子供のための家庭教師を派遣する会社でも家 庭教師の勉強のサポートだけでなく、不登校の相談窓口を設けているところも あるのです。子供の不登校の原因は多くあり、複数の原因があることもあるので、慎重に取り掛からなければ なりません。原因が複数ある場合はどれから取り除いていくのか、ということもしっかり決める必要があります。

不登校児童への支援に対する基礎的知識