今後の進路に役立つ公認制度について理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

高等学校卒業程度認定試験

公認の制度が存在

不登校が原因で高校に行けなかった、途中中退してしまったけど大学にいきたいという思うを抱いている人のために、高等学校卒業認定試験という公認の制度が存在しています。合格すると大学や短大、専門学校の受験資格を得ることができるのです。

就職や資格試験で高卒と同じ扱いになるのです。近年、少子化の影響で大学の定員と大学進学希望者の数は同数になっているのです。不登校の経験がある人でも大学神学は進路の1つとなっていることがあげられます。高等学校卒業程度認定試験は文部科学省が実施している試験となります。

必要な科目の合格基準を満たすこと

前は大学入学資格検定と呼ばれていたのですが、平成17年度から高等学校卒業程度認定試験という名前に代わりました。試験は8月から11月に実施され、マークシート方式で行われ、この制度は全日高校に在学している方でも受験することが出来、合格科目の高校卒業単位への算入が出来るのです。

病気などの単位が足りないのでこの試験を受けて、その単位の在籍の学校長の判断で卒業のための単位を参入をすることができます。試験科目は6教科で行われ、合格に必要な科目数は8科目、または9科目となっています。各科目が40点ずつあれば合格となり、必要な科目の合格基準を満たすことで高校卒業程度認定に合格します。

子どもの進路

ポイント

子供の将来がどういった生き方になるのか、ということは子供にとっても大きな問題となるのです。親にとっても子供が自分の道を切り開いていて、職に対して結婚をして、家庭を持って、幸せな生活を送ることが重要な問題となるのです。不登校の子供は進路を決定するにあたり、学校に行っていない事で苦労するでしょう。

不登校になった子供も高等学校卒業程度認定試験に合格する事で大学や専門学校に入学し、学んでいる人もいれば、多くの経験をし成長して仕事をしている人もいるのです。学校に行けなくなったからといって悲観してはなりません。まわり道をした結果、様々な経験を積み重ねて物事にじっくりと取り組む力がつくのです。

不登校という経験を乗り越えたという自信
自信を持つ

不登校という経験を乗り越えたという自信がこれからの人生に大きな可能性を見出すきっかけになるかもしれないのです。不登校という経験を乗り越えた自身がつくことによって、大きな変化を与えるでしょう。自然環境豊かな中で青少年を育成する場所もあります。

体験学習などで生き方を見つけたいと参加する子供も多くいて、プログラムや交流会二酸化して、自分 の生き方を探すことが可能です。不登校になっても夢や希望を失わず、意識を持ち続けることが重要で す。人生は個人個人違うのです。学習方法も1人1人違っています。 同じ教科を学んでいても、教え方ひとつでその子供の伸び方は変わってきますし、その方法もそれぞれなのです。 自分の過去によかったからといって、その方法がお子様に当てはまるわけでないことも覚えておきましょう。

不登校児童への支援に対する基礎的知識