地域の支援を活用しながら不登校児童も勉強できるということも知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ホームスクーリング

不登校の子供が学習する方法の1つ

不登校の子供が学習する方法の1つにホームスクーリングがあげられます。ホームスクーリングは学校で学ぶ訳ではなく、家庭を中心に図書館や公園、美術館などの様々な地域の支援を活用することによって子供が学び、親はそれをサポートする形となります。

ホームエディケーションとも呼ばれます。欧米では、法的、社会的に義務教育の方法として扱われています。ホームスクーリングには2種類の方法があり、1つは大人が初めに教材やカリキュラムを用意しておく方法となります。もう1つは子供の興味や関心に沿った学び方に分けられます。

子供を主体とした学び方

学校とは異なり競争や通知表などがないので、子供は自分のペースで学習することが出来、ホームスクーリングは子供を主体とした学び方となります。子供は本来、好奇心や興味を多く持っていて、子供は興味をひかれると大人が驚くほどの技術ややる気を出していくのです。

学習には通信教育や家庭教師などを利用することもあり、家庭教師をつけて、自宅で学習することもあるのです。親は子供を見守る点で大変なこともあるのですが、子供の能力にあわせた計画で学習することがホームスクーリングの特徴となります。子供が不登校になると、より子供によい環境を考えることが大切です。

定時制高校

ポイント

不登校の子供の中には、進学先として定時制高校を選ぶ方もいます。定時制高校は働きながら勉強するために設けられた学校となります。現在は、就業をもっている人だけでなく、高校受験がうまくいかなかった人、全日高校をやめた人、中学時代不登校だった人、外国人、高齢者など様々な人が通っている学校です。

定時制高校は全日制高校と学ぶ内容が同様で、定時制高校は夜間に勉強することが多い学校ですが、昼間に通う全日制と同じ時間の定時制高校も設けられています。1日4時間程度の勉強なので、卒業まで4年と長いのですが、全日制と同様に3年で卒業することが出来る定時制の高校もあるのです。

職についていなかった人も多く通っている
学校

不登校などの理由で職についていなかった人も多く通っているので、昼間と夜間に授業を行う昼夜間性の定時制高校や、朝、昼、夜間に授業をする3部制の定時制高校もあるのです。4部制になっている定時制も設けられています。定時制高校は公立が多くありますが、私立の定時制高校もあるのです。

このような定時制高校には様々な種類があるので、高等学校卒業程度認定試験合格を単位として認められ、 勉強でも小学校や中学校の復習から行うなど、学ぶ人に適した学習が心が けられています。夜間、定時制高校になよって昼間は家庭教師をお願したり、塾に通って勉強する人もいるのです。 かなりハードにはなりますが、それだけ勉強したい人は頑張っているのです。勉強が趣味になっているような人 はもはやトップクラスと言えるでしょう。

不登校児童への支援に対する基礎的知識