原因のひとつとしてあげられるいじめ問題と不登校児童の関係を学びましょう

サイトマップ

トップバナー

いじめによる不登校

少しでも様子がおかしければ相談窓口等に相談

不登校として挙げられる原因の中に学校での暴力行為やいじめが存在します。文部科学省の調査によると、2008年度、小中高等学校での暴力行為は薬6万件で3年間ずっと増加しています。いじめの認知件数は約8千万件もありました。いじめの内容は悪口などの中傷、犯罪の共有、金品を取られるなど様々なものです。

子供はいじめられていても、両親にそれを話すことが出来ず、また、知られたくないと思っていたり、心配をかけたくないと強がってしまっている子供が多くいるのです。そういった時、両親は子供を見守り、少しでも様子がおかしければ相談窓口等に相談してみると良いと思います。

信頼できる人との縁を大切に

そういったときは、家族が力を合わせる必要があるのです。お母さんだけに子供を任せるのではなく、お父さんも一緒にいじめを対処する必要があります。いじめを解決することで学校にいけるようになる子供は多くいるのです。親が子供を見守り逃げ場となってあげてください。

両親が支えてくれているという安心感が子供を強くするのです。学校にいけなくなった子供のための不登校専門の家庭教師もいるので、人と会うのが不安な不登校の子供たちでも人との交流を絶たないように信頼できる人との縁を大切にし、家庭教師やカウンセラーなどの信頼できる人を味方と思ってもらう方法がよいでしょう。

発達障害と不登校児童

ポイント

学校での勉強や人間関係が不適応となる原因の1つに発達障害が原因になることがあるのです。発達障害によって人と上手に交わることが出来なかったり、勉強を理解する事が出来なかったりと、不登校になってしまうことがあるのです。不登校など学校への不適応によって医療機関で診察を受け初めて発達障害と分かることもあるのです。

発達障害には、学習障害、注意欠陥、多動性障害、アスペルガー症候群、高機能自閉症などがあるのです。学習障害は知的障害はなく、読む、書く、計算するなどの特定のもので習得や使用が難しくなるなどの問題が起こってしまうこともあるのです。発達障害は脳機能の障害で親の育て方が悪くて起こる訳ではありません。

まわりがサポートすること
公園の女児

知的障害は普通の学級に在籍することが多くあり、障害に気付かれないこともあるのです。子供への対応を間違えてしまうと本人にとって学校生活が苦痛となってしまうこともあります。発達障害があるから不登校になるという訳ではなく、まわりがサポートすることによって楽しく登校し勉強することが出来る子供も多くいます。

こういった発達障害を持っている不登校児童、生徒の指導を専門とする家庭教師を派遣してくれる会社もあり、児 童、生徒の状態に合わせた指導や相談にのってくれる家庭教師などを選ぶ と良いと思います。家庭教師だけではなく合わせて個別指導、インターネット学習などを行っているところもあ り、子供の状況に合わせた子供の個性を伸ばせる場所を選択しましょう。外に出ないといけないわけではないので、とにかく家ででも 前に進める環境を作ってあげましょう。

不登校児童への支援に対する基礎的知識