家庭教師の選び方を学び上手く活用しましょう

サイトマップ

トップバナー

不登校児童と家庭教師の選び方

契約を急がせるようであれば契約しない

家庭教師はどういった風に選べばよいのでしょう。家庭教師には個人で行っている家庭教師と家庭教師を派遣している業者が多くいます。個人で行っている家庭教師は近所の知り合いや知人の紹介で頼むことが可能で、大学に紹介を依頼して家庭教師を頼む事も出来ます。

スーパーなどの掲示板で見つけることも可能です。業者に家庭教師の派遣を頼む際には、料金や相 性が合わない場合、家庭教師の代行が出来るのかなどの詳しい説明を受け て依頼しましょう。納得のいく説明を受けることが出来なかったり、契約を急がせる ようであれば契約しないようにしましょう。自社の利益ばかり考えているようなところに入学させても 不登校から立ち直ることは相当むつかしいのです。お子様の事を第一に考えて会社を決めましょうね。

子供相談窓口があるかどうかも判断する材料の1つ

どういった勉強内容をしたいのか、受験のための勉強なのか、テストの対策なのか、不登校のためのわからない科目を学ぶための学習なのかの希望を伝えましょう。一社だけの話を聞く訳ではなく、複数の業者からの話を聞き、早急に選ぶことを心がけてはなりません。

問い合わせの窓口だけではなく、子供相談窓口があるかどうかも判断する材料の1つになるのです。不登校などの場合には勉強のみではなく、不安なことも相談できると子供も親も安心することが出来ます。子供に適した家庭教師に出会うことによって勉強をぐんとできるようになります。

家庭教師と悪質商法

ポイント

家庭教師は、子供1人1人に適した方法で勉強することが出来るという特徴があります。分からない場所が理解できるようになるまで教えてもらうことが可能です。家庭教師の派遣制度もありますが、家庭教師選びを簡単に考えると悪徳商法にひっかかってしまう場合もあるので注意しなければなりません。

例えば、家庭教師契約の為に必要だと高額な教材の購入を迫ることがあり、ベテランの家庭教師を派遣する約束だったのに違う家庭教師が来て、約束が違うなどというトラブルもあります。家庭教師の契約は特定商取引法の特定断続的役務提供の規制があり、この法律によって家庭教師の契約後の8日間はクーリングオフをすることが可能です。

8日以内ならクーリングオフができる
安心する主婦

契約したけどやめたいと思ったのであれば、8日以内ならクーリングオフができますので、お金を払い込んでいても、クーリングオフでお金を返してもらえるのです。クーリングオフの期間が過ぎていても、家庭教師は途中で解約することが出来るので、違約金制限が決定されているので、業者の言うままの金額を払う必要はありません。

心配であれば、近くの消費生活センターで相談しましょう。悪質商法の被 害者にならないように、いきなり電話してきた業者や訪問してきた業者と契約せずに、きちんと調べて、契約 ないようを守りましょう。子供を成長させるための家庭教師なので、きちんとした契約をしましょう。 子供の性格にすら影響を与えかねない大きな存在なのです。自分だけならまだしも子供まで被害にあっては なりません。

不登校児童への支援に対する基礎的知識