不登校児童になってしまうのは心の病も関係する場合があることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

不登校児童の摂食障害

拒食症や過食症

不登校の子供の中には、摂食障害を患ってしまう子もいるのです。摂食障害には、拒食症や過食症が考えられます。痩せたいという気持ちからのダイエットが原因となり、食べ物が食べれなくなるのも接触障害の原因となります。もう1つの原因はストレスです。

家族関係がうまくいかなくなって悩んでしまい、摂食障害の引き金になることもあるのです。拒食症の体重が増えてしまうことを考え、食べ物を口にいれなくなってしまう病気なのです。まわりが食べることを進めても絶対に食べず、栄養失調となり、様々な病気になり、拒食症は低身長や骨粗鬆症になってしまいます。

こういった病気に苦しんでいる人も

過食症は短時間で大量のカロリーの物を食べるという行動を繰り返してしまう病気で、やけ食いのような一時的なものではなく、食べる衝動を自分で押さえることが出来ず、食べてしまう自分に対して後悔を何度も抱きます。体重が正常でも食行動が異常であれば、摂食障害を疑いましょう。

不登校になった人の中には、こういった病気に苦しんでいる人もいます。悩みを受け入れる人や親などの協力が病気を治すためには必要になります。悩みを相談出来る家庭教師も心を開くことの出来る1人になるのです。まわりがサポートすることによって摂食障害や不登校を受け止めてあげてください。

うつと不登校

ポイント

不登校になる原因の中にうつ病が隠れている可能性があります。うつ病はストレスなどによって起こる病気なのですが、大人だけではなく子供がなることもあるのです。入学や就職、昇進、子供の結婚、転勤、引越しなどが引き金になり、起こってしまう病気です。

うつ病には多くの症状があるのですが、初めは身体的な症状が出てきます。疲労感、頭痛、早朝に目が覚める、夜寝れないなどの睡眠障害が一般的です。精神症状は、気分が落ち込んだり、思考力、判断力の低下、仕事や家事が出来なくなるほどに生活に支障をきたしてしまいます。

若年性うつ病
薬

子供が鬱になる若年性うつ病は直接の原因がわからないのですが、薬がよく聞く病気であるといわれています。うつ病が治れば、不登校の状態から抜け出して学校に行くことが出来るようになると思います。子供の状態をよく見て必要があれば、心療内科で診察を受けてもらいましょう。

不登校もうつ病も無理やり学校や職場に活かせてはなりません。休養をとるのも1つの手となります。 病気が原因だと分かったのなら、じっくりと時間をかけて回復したのちに学校や職場にいこうという 意欲を出した時に背中を押してあげることが周りにできるサポ ートになります。うつ病になってしまったら、それを治すのに時間がかかります。 親が無理に学校を押し付けるとさらに病状は悪化します。しっかりと治療して、その後にお子様が 進みたい道を聞いてあげて、後押ししてあげるのがお子様にとって一番将来のためになるのです。

不登校児童への支援に対する基礎的知識