不登校児童に海外への留学についても考えてみましょう

サイトマップ

トップバナー

不登校児童と海外留学について

留学斡旋会社や教育機関

日本の学校で不登校になってしまった人、高校を中退した人などが海外への留学をしたいと思うことが増えてきました。日本の学校に適応できなくとも、海外の学校であれば、環境がガラリと変わるので、教育を受け入れることが出来ると考える方が多くいるのです。

海外の高校を卒業する事によって、日本の高校卒業と同様だと認定され、日本の大学にもいけるようになるのです。不登校や引きこもり、中退した人に対しての留学斡旋会社や教育機関も現在ではとても多くなっています。留学先は、イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカなどがあげられます。

留学サポート体制を整えている業者もある

海外は環境がガラリと違い、日本語で話すことが出来ないので、自分の意思で留学するという気持ちが大切になります。留学を考えるのであれば、充分にこういった斡旋の業者と相談して、本当に海外での生活や学習をしていけるのかを考えた上で決定することが大切になります。

家庭教師を派遣している業者の中にも、不登校生や中退者の為のコースを持っているところも多くあるのです。家庭教師派遣業者は不登校の子供のための留学サポート体制を整えている業者もあり、留学を考えている場合には相談してみるとよいでしょう。

不登校とひきこもり

ポイント

子供の不登校の状態が続いてしまうと、そのまま部屋に引きこもり、就職もせずに、自宅や自分の部屋から出てこないという状態になってしまうのではないかと心配する方もいます。不登校をきっかけにそのままひきこもる人は多いのです。引きこもりについてご紹介いたします。

引きこもりとは、学校や会社等の社会に出ていかずに人との交流を嫌い、自室で1日のほとんどを過ごす年が半年以上続いた人を言います。引きこもり状態にある人は100万人といわれていて、10代、20代の若い人の問題であるといわれていますが、現在では30代以上でも引きこもっている人が多いのです。

社会的な問題となっている
蛍光灯

そして、本人や家族を追い詰めた結果、親や家族を殺してしまったり、子供を殺してしまったりする犯罪が起こってしまい、社会的な問題となっています。引きこもる人は心が繊細で、傷つきやすく対人関係が苦手、人目が気になり、少しのことで自身を失て社会とのかかわりを怖がって引きこもるのです。

長年の引きこもりの状態を家族のせいにしたり、どうなってもいいと人生をあきら目る人もいるのです。仕事でのトラブルがきっかけでひきこもる人もいて、ストレスが原因で逃げている人や精神疾患が原因となることもあります。どういった人でも、少しのきっかけが原因でひきこもりになりうる可能性があるので注意が必要です。

不登校児童への支援に対する基礎的知識