不登校児童でも自分のペースで学習できる制度を利用できることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

不登校と中退

高等学校卒業認定試験に合格し大学進学の道を選ぶ人

不登校の子供たちが学校へ行けない行かないことが理由となり、高校や大学を中退してしまうことがあります。平成20年度の全国高等学校での中途退学者は66.243人となり、そのうちの39.1%が学校生活、学業不適応が原因とされているのです。その他にも進路変更は32.9%、学業不振7.3%、問題行動5.1%、家庭の事情4.5%、病気やけが、死亡4.1%、経済的理由3.3%となっています。

平成20年度以降に高校を退学して他の高校へ入学した人は、6.480人といわれています。高校を中退し高校へ行く道を選択せずに家庭教師についてもらうけど、高等学校卒業程度認定試験に合格し、大学進学の道を選ぶ人もいて、高等学校卒業認定試験に合格し、大学進学の道を選ぶ人もいるのです。

就職面接で中退の理由を尋ねられることも

大学に進学して不登校になってしまう方もいます。昔から五月病といって、入学や入社の緊張から5月頃、体や心の調子が崩れる人がいるのですが、少しずつ慣れていき、体調が戻ってくるものでした。不登校になってしまう人も多くいて、入学したのはよいが自分にあっていなかった、人間関係が原因、病気などの理由で中退する人も多いのです。

中退した後、就職面接で中退の理由を尋ねられることもあるのです。志望動機や答えをきちんと伝えることが大切になるので、意欲を認められて正社員として働いている方もいます。大学中退であっても、家庭教師になり、子供たちに勉強を教えている方もいらっしゃいます。

通信制大学と特修性制度

ポイント

不登校や引きこもり、中退などが原因で高校を卒業しなかった人でも家庭教師をやとったり、塾に通うなどで勉強して高等学校卒業程度認定試験に合格することによって高校卒業と同格として認められて大学を受験することが可能になるのです。他にも高卒卒業資格なしで入れる大学もあります。

特修性として通信制大学に入るという方法になります。年齢が18歳以上で高卒程度の学力がある人であれば特修性として入学することが可能となっています。特修性から正科生になることによって、大学卒業を目指していくのです。正科生になる条件は期間中に必要な単位を取る、高等学校卒業程度認定試験に合格するなど大学によって異なるのです。

自宅で自分のペースで学習が可能
学習

通信制大学は社会人や子育てをしている主婦の方など通学する時間がない人も自宅で自分のペースで学習することが可能なのです。学費も通学生の大学より安く、4年間で40万円から100万円程度と魅力なのです。自分のペースで学習するので、入学しやすくとも、モチベーションが下がりやすいのが難点です。

インターネット上のメーリングリストでコミュニケーションをとることが出来るので、スクーリングな どを活用し仲間つくりをすることも学習の1つの策だと思います。通信制大学にはメリットとデメリッ トがあり、不登校が理由で通信制大学を選ぶ際にはそういった点を十分に把握した上で自分に適した 施設を選びましょう。この段階で間違ってしまうと、先々で苦労することになりますので、ここで時間をかけることも 大事です。

不登校児童への支援に対する基礎的知識