様々な種類があることを学び、不登校児童に対する支援の基礎的知識を知り、活用しましょう。

サイトマップ

トップバナー

不登校児童への様々な指導や支援

不登校児童に対してどのような支援があるかご存知でしょうか?ここでは、あまり知ら れていない不登校児童の支援についてご紹介いたします。まず、子供の不登校問題に対し て、学校や保護者、そのほかの機関が連携することによって再び登校することを目的に指導や支援をし てくれる場所があるということを知っておきましょう。不登校児童が、そのような支援や指導 を受けることによって再び学校に行けるようになるケースが多くあるのです。

学校では担任教諭、養護教諭や学校に多く設備されるようになったスクールカウンセラー、不登校問 題専門の相談員から、不登校児童は支援や指導を受けることができます。学校外では 、適応指導教室、教育センター、教育委員会、児童相談所、福祉事務所、病院、診療所、NPO法人、フ リースクール、親の会など民間団体、民間施設などでも、不登校児童は支援や指導、相談などを受けるこ とが可能です。

受業風景
適応指導教室

適応指導教室は、不登校児童が再び学校にいけることを支援することを重点的に考え、社会的な自立を最終 目的としている場所です。教育委員会が設置し、平成20年度には都道府県が設置した 適応指導教室は21ヵ所、市町村が設置する施設は1.220ヵ所も存在し不登校児童のサポートを積極的に 行っているのです。

登校中の子供
支援を大いに活用

お子さんの勉強の遅れが心配で家庭教師を雇う際も、不登校児童に対する専門の支援や指導をして いる所をお子さんの状態を考えて選ばなければ、勉強もはかどりません。 家族だけで悩まずに、さまざまな場所に相談し不登校児童に対する支援を活用しましょう。

その2不登校児童の教育支援センター

のびのびした子供

教育指導センターは、集団生活をすることができないという理由で学校に行きたくてもいけな い不登校児童が学校へ再び登校し、社会的自立をすることを支援の目的とした施設です。 運営方針や呼び名、活動内容は地域によって違い、市町村の教育委員会が地域の実情を考慮し 、設置しています。

教育指導センターは、集団生活をすることが出来ないことが理由で学校に行きたくてもいけない不登校児童が学校へ再び登校し、社会的自立をすることを支援の目的とした施設です。運営方針や呼び名、活動内容は地域によって異なり、市町村の教育委員会が地域の実情を考慮し、設置している不登校児童の支援に対する施設でもあります。

自信と意欲を再び湧き起こす

ポイント 教育支援センターでは人との関わりをひろげるための野外活動、調理、ゲームなどの活動をしています。 この施設での活動は対人関係を作り、不登校児童が徐々に自分への自信と意欲を再び湧き起こすことを目標に取り組まれ います。

不登校児童が教育指導センターに入り、支援を受けるためには学校の先生、スクールカ ウンセラー、教育委員会、教育相談機関に問い合わせ、相談を受ける必要があります。 様々な人と不登校児童の支援に関する情報をもらえるので、親御さんも安心できます。 子供を育てることを自分たちの家庭内だけで考えようとして壁に当たってしまう人が多くいますが、このような支援を 行ってくれる場所もあるのです。このような場所を知らずに親御さんだけで考えてしまい、余計悪い方向にいってしまっている家庭も 多いのも事実です。目の前のことしか考えられなくなってしまい一人で考え込みがちですが、近くに相談に乗ってもらえる人を 作っておきましょう。


https://www.realmediajapan.com/cont/posting-tokyo.html
https://houritu-mondai.net/
http://k-datsumo.com


その3フリースクール

遠足

フリースクールは民間の不登校児童に対する支援活動の場の1つです。フ リースクールは子供たちの学ぶ場所でありながら、安心して他の子供と交流することができる素晴らしい居場所 となっており、不登校児童の救いの場になっています。

フリースクールによって不登校児童への支援活動の内容は違いますが、学習が中心だったり、子供たち の意見を尊重した自由な活動を中心にしていたり、個別指導、家庭教師の派遣を行うなどのさまざま な形態の活動を行っているのが、フリースクールのスタイルです。

様々な支援を行っているフリースクールが存在する

ポイント 不登校児童の支援を行うフリースクールはNPOが経営しているものや、保護者、教育関係者によって運営されているものに分けられています。不登校児童に対して支援を行うフリースクールでは、設置した方の考えが運営方法に大きく影響するので、様々な支援を行っているフリースクールあるのです。

ですので、子供と保護者の考えに適した 場所を選択することができ、不登校児童への支援で家庭教師について勉強している方もいたり、フ リースクールで通信制のサポートをしていたりと、様々なコースがあることもあるので、きちんとお子さん と話し合って決める必要がフリースクールを最大限に活用するのに必要です。このときに注意すべき点はお子様の要望をしっかりと聞いてあげることです。 親御さんからすると自分が子供に期待している部分を押し付けたくなってしまうのはわかりますが、 それではお子様がフリースクールに行っても満足できず、すぐにやめてしまうからです。自分がお子様の立場にたって、どうしてほしいのか、 という部分を考えて、焦らずお子様のペースに全てを任せましょう。スローペースで親御さんからすると心配やストレスが大きいはずですが、 じっくりそのお子さんのペースを守ってあげることが大切です。


https://www.posting.company/
http://blanc-homme.com
http://www.hotel-bed.net/


その4不登校児童の通信制高校

勉強中

不登校児童となってしまった中学生が高校に行けるのかどうかという不安が、子供や保護者にも出てきてしまうのは仕方のない ことです。高校に入れても、勉強についていけるのか、登校できるのかなどの不安が出てきてしまいます。 不登校児童になってしまった場合、通信制高校を支援という形でとらえ、通信制高校を選ぶ親御さんが多くいます。

高校は学び方の違いがあり、全日制、定時制、通信制の3種類に分けられていて、どれにしても正式な高校なので、通信高校を卒業しても高卒になるのです。全日制はお昼に通うタイプ、定時制は昼間働いて夜間に通うタイプのもので、通信制はレポートやスクーリング、単位認定試験という流れで学習するシステムであることを不登校児童の支援の基礎的知識として覚え、お子さんに合った高校を選ぶことが大切です。

単位制の学年という枠がない

ポイント 不登校児童が支援の場として選択することの多い通信制高校では、全日制のように週5日登校のスタイルを設けている場所もあります。また、通信制高校では単位制の学年という枠がなく、3年以上の在籍で73単位以上の取得が必要です。

不登校児童が通信制高校を卒業するための勉強を支援してくれるサポート校もあります。しかしサポ ート校のみでは高校卒業の資格を取ることが出来ないので、サポート校を利用する場合は、通信制高校とサポート校の両方に入学しなければいけません。ただサポート校を利用する必要がなければ、 もちろんそちらに入学する必要はないですし、させてはいけません。どのようにするかはやはりお子様のご希望や状況を考えて親御さんとお子さん 一緒に考え、できるだけお子さんのご希望に添えるようにしましょう。大人の考えでなく子供の考えに寄り添えるようにしましょう。 自分が子供だった頃をイメージしながら、その頃の自分だったらどういってほしいか考えながら接しましょう。


http://www.tanteisan.com/
https://www.sougi-sos.com/saijou/tokyo


その5サポート校

ポーズ

不登校児童の方が高校進学をする際に、通信制高校は不登校児童にとって支援の場の 選択肢の1つだとご紹介しましたが、通信制高校では基本的な学習は自主勉強となっています。 不登校児童が勉強についていくために学習面で支援してくれるのがサポート校という形なのです。

総合学園ヒューマンアカデミー高等部のような通信学校と専門学校が一緒になっていることもあり、このサポート校は専門 の資格と高校の卒業を同時にすることが出来るというサポート校になり、将来なりたい職種がある不登校児童に対してはと ても助かる支援の場となることを基礎的知識として覚えておきましょう。普通は高校と専門的な資格は別々になっていますよね。これが同時に 取れるということは勉強が通常の人より遅れてがちな不登校児童の人にとってとても有益なシステムなのです。

トライ式高等学院

ポイント 最近認知度が高まってきた家庭教師のトライが行っているトライ式高等学院も通信制高等学校に同時入学することによって高卒の資格を取得することが出来るというサポート校になり、不登校児童に対する支援に大きく貢献していることも基礎的知識になります。

教室だけでなく、自宅や仕事場に先生が派遣され授業を受けることが出来、不登校児童は自宅から出ることが苦手な人もいるので、そういった方 に支援してもらうことができる形のサポート校になることを基礎的知識として覚えておきましょう。このようなサービスを活用することで不登校児童が 再び学校に復帰できる可能性がでてくることを考えるととてもうれしいですよね。不登校がそのまま非行につながることが多いので、これはうれしいですよね。 非行に走るか、復帰に走るか、その子供にとっては将来にかかわる大問題です。将来の犯罪にもつながりかねない重要な時期でもあるので、しっかりとした サポートが必要になります。思春期次第でその後の人生が変わってきてしまうといっても過言ではないのです。現代は思春期が昔よりも軽くはなってきていますが、 それでもこの時期が人格や将来を左右する時期であることに変わりはありません。

その6不登校児童の親の会

スーツの女性

自分の子供が不登校になることは、不登校児童本人もつらいと思いますが、保護者の方に対するダメージが多くなるということで、親の会という支援があることを基礎的知識として覚えておきましょう。親の会は保護者が中心で、適応教室の先生やフリースクールなどが協力して作成されたものなど会によって個性がある支援の形となっていることも基礎的知識です。

こういった親の会の支援があることは、不登校児童に悩んでいる親にとって重要な居場所となることも基礎的知識になります。子供が不登校児童になると一般的に親が悪いと言われる事が多く、子供が不登校になったことで苦しむ親にとって、とてもつらい一言となり、子供だけでなく親までも周囲との関係を断ってしまうこともあるのです。

同じ悩みを持つ保護者同士

ポイント 保護者同士が集まり話をする場所があるということは、不登校児童を持つ親にとって大きなよりどころになります。不登校児童をもっている、という、同じ悩みを持つ保護者同士であれば、悩みを理解することができ、お互いに支援しあえるので、子供の不登校という問題に向き合い子供に対する支援をどのようにすればよいのか答えを導き出すことを目的とした取組ができる場になりますよね。

不登校児童でも、子供は様々な支援によって、力を取り戻すと自分から行動することが出来るようになり、 家庭教師などの支援によって勉強も遅れを取り戻し、再び登校できるようになるのも、基礎的知識になります。 不登校児童が力を取り戻すためには親も支援する必要があるのです。 不登校児童が増えていく一方の現在で、これまでご紹介した支援はとても大きな力があ ることを基礎的知識として覚えておきましょう。自分の子供が不登校児童にならないことが一番ですが万が一なった場合は これらの知識を活用していただければ幸いです。これらの知識が少しでもお読み頂いたあなたの お役にたてれば幸いです。